口コミというのは、個人個人の感想です。

最近は、インターネットの普及で、インターネットでの口コミが増えています。

お店だけでなく、会社の口コミなどもあるようです。

こういった口コミは信用できるのかどうかという問題ですが、
基本的には、本人の主観によるものです。

つまり口コミは本人がどう感じているかなのです。

そのため、嘘の内容が書かれているわけではなくても、
「Aさんにとってはあてはまるが、Bさんにはあてはまらない」ということもあるのです。

中学受験の場合、内容が特殊です。

最近中学受験する人が増えたことから、それに対応する塾も増えていますが、
それぞれ特徴があります。

まずは、中学受験塾をひとくくりにせずに見ることが重要です。

中学受験するといっても、志望校が違えば勉強のやり方は違うのです。

大手の中学受験塾でも、合格実績も違えばコースも違います。

難関校に強い塾、女子中に強い塾と様々です。

まずは、通っている生徒、対象となる中学を検証することが大切です。

exiteニュースに、2017年の中学入試を受けて、
首都圏人気塾の合格力比較の記事が載っていたので調べてみました。

比較しているのは、サピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーですが、
今年も合格者数ではダントツでサピックスだということでした。

この記事は情報サイトリセマムによるもので、比較対象の中学は2月1日から3日入試校を中心に、広い地域から受験生が集まる人気校で、リセマムのピックアップした45校のうち、サピックスは34校で合格者数がトップだったということです。