中学受験で成功するためには塾選びが肝心です。

とはいっても、大手の塾が良いのか、大手の塾ならどこでも良いのか、
見当がつかないという方も多いのではないでしょうか。

このブログでは、中学受験塾の口コミや、口コミの利用法をご紹介しているのですが、大切なのは様々な口コミを知る事です。

偏差値や志望校、苦手科目や得意科目が同じ人の口コミ、
あるいは、受験生、保護者、塾講師など立場の違う人の書いた口コミを比べる事が重要なのです。

また、全く違った角度からの考えを知る事も重要です。

そこで、今回は「Business Journal」の「中学受験、失敗しない最強の塾選び!大手や地域の中小塾、利点・欠点を徹底比較」という記事をご紹介します。

この記事は、中学受験における進学塾業界の最新動向や塾選びのポイントなどについて、『1歩先行く中学受験、成功したいなら「失敗力」を育てなさい』などの著書のある教育ジャーナリストの中曽根陽子氏の話を記事にしたものです。

中学受験の大手進学塾に関しては、日能研、四谷大塚、SAPIX、早稲田アカデミーを比較しています。

その中で日能研、四谷大塚は中学受験専門に指導する「専門型」、
SAPIX、早稲田アカデミーは、高校受験コースも併設している「混合型」と位置付けています。

日能研と四谷大塚は中学受験に特化した業界のパイオニアで、
両進学塾の合不合テストの偏差値は受験界の動向を左右すると言われているそうです。
また、幅広いコースやクラスが充実しているのも特徴です。

難関校を主軸に置くSAPIX・早稲田アカデミーとは明らかに異なるので、
どちらを選ぶのかしっかり検討する事が大切でしょう。